したっけ!!

jh8fht.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 21日

駆けたカメラ Ⅴ

・・・オリンパス35DC・・・

このカメラも社会人になってから買ったものですね・・・
オリンパスが発売した数あるカメラの中のヒット商品のコンパクトカメラです。
ボディの大きさは、コニカC35とほとんど変わらず良く手になじみ、今の薄っぺらいデジカメと違い重量感があります・・・

このカメラの一番の特徴といえば、シャッターを押しこんだときの「シュコーン」という、あのなんとも言えないシャッター音ではないでしょうか。
私が使用したフィルムカメラの中で一番使い込んだカメラで、現在でもこのカメラにフィルムを装填して使っています。

e0292653_15495398.jpg

そのぶん傷みも激しく、ボディの皮がかなり傷み端っこのほうから剥がれてきていたので、手芸屋さんから合皮のシートを買ってきて
貼り替えてあげました。
我ながら上手く貼る事が出来、新品のようになりました。

元々は黒だったのですが何色にしようか、かなり悩みました。不良爺さんが使うのでこの際若返りを図るという意味を込めて、派手な
オレンジ色のボディにしてやった結果、カメラも心なしか喜んでいるような気がしました(笑)・・・

金属部分にはポツポツと小さな錆が浮かんできていましたが、紙やすりで擦ると傷がつきますので
木工ボンドを金属部分の錆の上に塗ってやり、良く乾かしてからはがしてみてください・・・不思議と錆がとれますよ・・・これは自転車整備から学びました。

後は、お決まりのモルトを交換をやってやりましたが、最近グリスが切れかかっているのか、テレ側の二重像がうまく合わなくなってきたのが気にかかるところです。

レンズは定評のあるZUIKO40㎜f1.7と大変に明るくて色のりも良く、特に青空の描写などはまさにオリンパスブルーですね!
フィルム感度を合わせる際、ISOではなく、ASA・DINというところが時代を感じさせられます。

私の持っている他のカメラにも言える事ですが、全て電源は水銀電池を使用するのですが、環境問題から水銀電池は現在生産されておりません。
そこで代用品として、アルカリボタン電池のLR44を私は使っていますが、何ら問題はありません。

もう少しお付き合いください・・・














[PR]

by jh8fht | 2017-03-21 05:42 | Comments(0)


<< 駆けるカメラ Ⅵ      駆けたカメラ Ⅳ >>