<   2017年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 31日

春への歩み

・・・小樽市銭函町・・・

実にユニークな町名ですね! ”銭函町” 一時は全国からフアンが訪れてJR銭函駅の切符が飛ぶように売れたとか・・・
そんなブームもあっという間に過ぎ去ってしまいましたね!・・・

いつも思う事ですが、廃線のラストランの時にはものすごい鉄道フアンで賑った町が、一週間もたたないうちに
いつもの日常に戻ってしまうのって・・・フ~ンやはりネ~!!っていう感じですかね?

e0292653_16414823.jpg
毎年の事ですが、雪融けが進んで春先になると、遠景が霞み少しぼやけて見えます。
冬の間に道路にたまった粉塵が舞い上がってほこりっぽくなるからでしょう・・・稀に大陸から黄砂も飛んできます・・・

澄んだ青空は、もう少しお預けでしょうか?
というか、今朝は私が住んでいる厚別区は10センチの雪が降っていましたね。

みなさんよい週末を・・・したっけ!!








[PR]

by jh8fht | 2017-03-31 06:31 | | Comments(0)
2017年 03月 29日

予断・・

・・・札幌市資料館・・・札幌市中央区

写真は資料館正面の上に掲げられたギリシャ神話に出てくる「法の女神テミス」
かつては、今の高等裁判所に当たる「札幌高訴院」として大正15年に建てられたものです。
札幌軟石で造られており、現在は資料館としてミニギャラリーや研修室等があり、多くの市民に開放されています・・・

e0292653_11394079.jpg
テミスが目隠しをしているのは、”予断を持たずに常に公正に心の目で判断すること”という意味合いらしいですね・・・

いま国会を連日賑わせている問題を「法の女神テミス」の心の目には、どう映るのだろうか?
興味津々・・・





[PR]

by jh8fht | 2017-03-29 06:32 | | Comments(0)
2017年 03月 27日

むきあう力・・

・・・ダウン・タウン・ブギウギ・バンド・・・

先日、宇崎竜童がテレビに出ていたので懐かしく観ていた。
1970年代に数多くのヒットを飛ばし、妻で作詞家の阿木耀子とのコンビで山口百恵や他のアイドルに数多くの楽曲を提供。
ヒットメーカーとしての地位を確立したのですが、実は30代に両耳が中度の難聴になっていたという。

大音量の音を継続して聴き続けていたのが原因で特に高い音が聞こえくくなり、トークやインタビュー、ドラマのセリフなどに支障が出たと言っていた。

e0292653_12440320.jpg


そこで40代なって補聴器を使い始めたたら、会話がきちんと聞き取れるようになり抱えていたストレスが緩和された。
しかし、補聴器=高齢者というイメージを持っている人が多いことに気づき、難聴との向き合い方や補聴器を使う意味を同世代に講演などを通じて発信し始めた・ ・・

確かに私も補聴器は高齢者が使う道具だと思っていた事に気付かされた日でした!!







[PR]

by jh8fht | 2017-03-27 06:33 | 日々 | Comments(0)
2017年 03月 25日

斜陽

・・・旧永山武四郎邸・・・札幌市東区

今から140年くらい前に建てられた、第2代北海道庁長官・永山武四郎の私邸。
北海道開拓時代に建てられ、和洋折衷の建築物の先駆けとして北海道指定有形文化財になっています。

各地から桜の開花が報じられていますが、北海道は季節外れの大雪・・・
札幌は2日間で35㎝の積雪でした。

e0292653_13052564.jpg

もう雪は降らないだろうと片づけた除雪道具をひっぱり出して、余計な労働を余儀なくさせられた後のビールはやはり美味いですね!

三寒四温とはこの事だろうか?・・・





[PR]

by jh8fht | 2017-03-25 13:12 | Comments(0)
2017年 03月 23日

駆けるカメラ Ⅵ

・・・オリンパス am100・・・

子供の成長を記録するのに購入しました・・・子供は動きが早く黙っていませんので固定焦点カメラが良いと思ったのです!

撮影は何も操作なしでシャッターを切るだけの簡単操作ですが、一応マクロもどきの近景と無限遠の切り替えボタンがあります。

e0292653_11573562.jpg

フィルムの装填は裏ぶたを開けてセットするだけの自動装填、巻き上げと巻き戻しもすべて完全モータードライブ・・・
私にとっては画期的なカメラでしたね!!  今では当たり前のシステムなのですが(笑)
現在フィルムの装填をすることができない人とが多いと聞きますが、そんな方にはぴったりかもしれません。

フィルムカメラの購入はこの機種で最後になり、やがて時代はデジタルへとなっていくわけです。
一時はすべて処分しようと思った時もありましたが、今になると残しておいて良かったと思いますね・・・

ただ残念なことに、唯一の一眼レフカメラ(ミノルタSRT101)を紛失してしまったことです。
高校生の時に高価で買うことができなかったカメラ・・・やがて社会人になり、中古を手に入れレンズもそれなりに揃えたのに
どうやら数回の引越しなどで紛失したようです。

そのうち現在あるフィルムカメラで撮影した写真をUPしていきたいと思っています??が・・・あまり期待しないでください。
フィルムスキャナーもないし・・・・





[PR]

by jh8fht | 2017-03-23 06:50 | 日々 | Comments(2)
2017年 03月 21日

駆けたカメラ Ⅴ

・・・オリンパス35DC・・・

このカメラも社会人になってから買ったものですね・・・
オリンパスが発売した数あるカメラの中のヒット商品のコンパクトカメラです。
ボディの大きさは、コニカC35とほとんど変わらず良く手になじみ、今の薄っぺらいデジカメと違い重量感があります・・・

このカメラの一番の特徴といえば、シャッターを押しこんだときの「シュコーン」という、あのなんとも言えないシャッター音ではないでしょうか。
私が使用したフィルムカメラの中で一番使い込んだカメラで、現在でもこのカメラにフィルムを装填して使っています。

e0292653_15495398.jpg

そのぶん傷みも激しく、ボディの皮がかなり傷み端っこのほうから剥がれてきていたので、手芸屋さんから合皮のシートを買ってきて
貼り替えてあげました。
我ながら上手く貼る事が出来、新品のようになりました。

元々は黒だったのですが何色にしようか、かなり悩みました。不良爺さんが使うのでこの際若返りを図るという意味を込めて、派手な
オレンジ色のボディにしてやった結果、カメラも心なしか喜んでいるような気がしました(笑)・・・

金属部分にはポツポツと小さな錆が浮かんできていましたが、紙やすりで擦ると傷がつきますので
木工ボンドを金属部分の錆の上に塗ってやり、良く乾かしてからはがしてみてください・・・不思議と錆がとれますよ・・・これは自転車整備から学びました。

後は、お決まりのモルトを交換をやってやりましたが、最近グリスが切れかかっているのか、テレ側の二重像がうまく合わなくなってきたのが気にかかるところです。

レンズは定評のあるZUIKO40㎜f1.7と大変に明るくて色のりも良く、特に青空の描写などはまさにオリンパスブルーですね!
フィルム感度を合わせる際、ISOではなく、ASA・DINというところが時代を感じさせられます。

私の持っている他のカメラにも言える事ですが、全て電源は水銀電池を使用するのですが、環境問題から水銀電池は現在生産されておりません。
そこで代用品として、アルカリボタン電池のLR44を私は使っていますが、何ら問題はありません。

もう少しお付き合いください・・・














[PR]

by jh8fht | 2017-03-21 05:42 | | Comments(0)
2017年 03月 19日

駆けたカメラ Ⅳ

・・・コニカ C35 フラッシュマチック・・・

当時「さくらカラー」でおなじみの、フィルムメーカー「小西六」(現在のコニカ・ミノルタ)から発売されていたカメラですね。

愛称は「ジャーニーコニカ」・・・井上順のCMで、瞬く間に大ヒット商品になったのは皆さんも記憶にあると思います。

オリンパスと繰り広げられた熾烈な販売競争は、業界でも大いに話題になり今でも語り継がれているのではないでしょうか?・・・

e0292653_16472139.jpg

このカメラは社会人になった頃に、街中のスナップ用に何かないかという事で購入しました。
カメラメーカーではないコニカが発売しているカメラという事で、大いに興味がありましたね・・・

金属ボディは質感もあり、コンパクトでよく手になじみ十分に満足のできるものでした。
裏ぶたにあるフィルム押えは金属製で出来ており、今のプラスチック製とは違い物造りのこだわりを感じ取る事ができます。

レンズはヘキサノン38㎜ f2.8で、スペックとしてはありきたりではありますが、立体感、ぬけの良さ、シャープな解像度には満足していました
スナップ用にはちょうど良い画角だと思います・・・

ピントはファインダーを覗いて二重像を合わせるお馴染みの方式で、ピントリングのトルクはねっとりとしていながら、スムーズに作動しました。
このカメラの最大の特徴は、あらかじめガイドナンバーを設定しておくと、被写体までの距離によって絞りを自動的に決めてくれるという
フラッシュマチック機能だと思いますが、一度も使った事はありませんでした・・・

この後も、もう少し続きます・・・







[PR]

by jh8fht | 2017-03-19 06:21 | 日々 | Comments(2)
2017年 03月 17日

駆けたカメラ Ⅲ

・・・ミノルタハイマチック 7S・・・

ミノルタから発売されていたレンジファインダーカメラです。
高校写真部で3年間付き合ってくれた「ミノルタハイマチック 7S」・・・アメリカの宇宙船に搭載されて初めて宇宙を撮影した日本のカメラで有名ですね。

本当は「ミノルタSRT 101」という当時のミノルタを代表する一眼レフのベストセラー機が欲しかったのですが、とても高価で高校生の私には手が出ず
中古のハイマチック 7Sを買いました。

しかしロッコールレンズの描写にはとても満足しており、学校祭に出展した作品はすべてこのカメラで撮影したものでした。
昼休みや放課後に暗室にこもって現像やプリントを繰り返し、あの酢酸の匂いがなんとも言えませんでしたね・・・

e0292653_16523602.jpg

レンズはロッコール45㎜f1.8の大口径レンズが搭載されており、被写界深度が浅くボケ感のある今流行りのゆるい写真を撮る事が出来ますね・・
ピントはファインダーの中の二重像を合わせる方式で、誰でも簡単にピントをとることができ、はずすことは殆どありませんでした。

露出は銅鏡にあるシャッターと絞りの、二つのリングを”A”マークに合わせるとフルオートで撮影できました・・・マニュアル撮影のときには
ファインダーの中の右側に表示されるEV値を、あらかじめ設定したシャッター速度のリングの窓にEV値を合わせるだけでOKというものでした。
もちろん現在のように露出補正ダイヤルなんて洒落たものはついていませんが、EV値を+-する事によって好みの露出補正が出来ますね。

ひとつだけ不満といえば、巻き上げレバーの巻き上げ角が大きいのと、シャッターボタンのストロークが恐ろしいほど大きいくらいですかね!!
いかにも昭和のレトロ感あふれるノスタルジックなデザインは、現代のカメラ女子にピッタリかもしれませんね・・・

もちろんこのカメラも完動品です!!

この後も続きます・・・












[PR]

by jh8fht | 2017-03-17 06:42 | 日々 | Comments(0)
2017年 03月 15日

駆けたカメラ Ⅱ

・・・オリンパスペン D・・・

CP+2017も盛況に終わったようですが、機会があれば是非行ってみたいですね。

札幌でも以前は駅前にあった五番館デパート(後の札幌西武)で「日本カメラショー」が開催されていました。
隣にある東急百貨店では、カメラショーに合わせて「カメラ用品ショー」が開催され、中学生だった私は友人とパンフ集めに夢中になったもんです!

しかし、いつの間にかカメラショーが開催されなくなりました。
カメラ量販店の進出で、いつでも最新のカメラを手に取る事が出来るのが影響しているのですかね?


e0292653_14482525.jpg


私が中学時代から社会人までの間に使用した8台のフィルムカメラのうち、現在5台が手元に残っています。

これはそのうちの一台で、中学生時代にさかんに使用していたカメラです。教室や修学旅行などで友人たちを撮影した想い出深いカメラです。

オリンパスのハーフサイズレンズシャッターカメラです・・・35㎜フィルム36枚撮りで、72~75枚くらい撮る事ができました・・・
金のない中学生にはぴったりでしたが、撮影後の事は考えておらずプリントから上がってきた時の値段を聞いて青くなったものでした。

レンズは、Zuiko32㎜ f1.9と明るい高性能レンズで、中学生の私には十分贅沢なカメラでした。
電池不要のセレン式露出計がついており、EEとは違ってシャッターと絞りは連動しておりませんでしたが
そのぶん様々に露出の組み合わせが出来、私にとってずいぶん勉強させられたカメラでしたね。

ピントは目測で合わせる難しいもので、左についているレバーであわせましたが、
カメラ特有の被写界深度の深さが幸いして、ピンボケはほとんどありませんでした。

数年前に、自分でモルト交換をしたり定期的にメンテをしているので、今でも立派に完動しています。

次回は高校時代の機種です・・・









[PR]

by jh8fht | 2017-03-15 07:07 | 日々 | Comments(2)
2017年 03月 13日

駆けたカメラ Ⅰ

・・・島根県の酒 「王祿」・・・

娘夫婦が酒好きの私に買ってくれた島根県の日本酒。
初めて呑みましたがマイルドでありながら辛口・・??
クリア、ストレス感がなくスパッと切れる辛口の旨味がたまりませんね・・・



e0292653_14102997.jpg

昔々・・初めてカメラを手にしたのは小学生高学年の頃でした・・・富士フィルム(現在はFUJIFILM)の「フジペット」というやつ
単焦点レンズで、確か露出は晴れ・曇り等の絵マークで合わせたと記憶しています。
使用フィルムは120ブローニー画面サイズは6×6のスクエア、現在では高価で手が出ない中判カメラ??でした。

フィルムの巻き上げは、確かつまみボタンでジーコ・ジーコと巻き上げ、コマ数はどう判断したのかは覚えていません。
はっきり記憶しているのはシャッターボタンが左右にあり、左ボタンでセットして右ボタンでレリーズしていたと思う・・・
現在ではありえないシステムですね!







[PR]

by jh8fht | 2017-03-13 14:30 | 日々 | Comments(2)